序章

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車いただきありがとうございます

 

まずは鉄道唱歌についてご案内いたします。 

明治33年に「地理教育鐵道唱歌 第一集」が出版されました。いわゆる「鉄道唱歌 東海道篇」です。

その後、第二集(山陽・九州篇)、第三集(奥州・磐城編)、第四集(北陸篇)、第五集(関西・参宮・南海篇)と、続編が出版されていきました。

 

全5集で334番まであり、通して歌うと70分以上を要するそうです。

 

 作詞者は大和田建樹ですが、作曲者は複数おります。しかし多梅雅の曲が有名になり、今ではほとんど多梅雅の曲で歌われております。

 

それでは鉄道唱歌の旅、間もなく発車いたします。つぎは新橋に停まります。

 

        じょしょう
   きてきいっせい

 

☆フリー素材サイトなどから転載した画像については転載元へのリンクを設けています

☆上記のリンクがない写真は私が自分で撮影したものです

 

≪カリバ旅行記鉄道唱歌で行く」≫

鉄道唱歌で行く東海道本線 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
鉄道唱歌で行く山陽本線 1 2 3 4 5
鉄道唱歌で行く日豊本線 1 2 3 4 
鉄道唱歌で行く鹿児島本線 1 2 3 4
鉄道唱歌で行く長崎本線 1 2 3 4 5

鉄道唱歌で行く信越本線 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

鉄道唱歌で行く北陸本線 1 2 3 4 5

 

35 鉢崎すぎて米山の

本日も鉄道唱歌の話にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 北陸地方 三五

 

鉢崎すぎて米山の

くゞるトン子ル七つ八つ

いづれば廣きわたの原

佐渡の國までくまもなし

続きを読む

34 春日新田犀潟を

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 北陸地方 三四

 

春日新田犀潟

すぐれば來る柿崎の

しぶ╱╲茶屋は親鸞

一夜宿りし跡ときく

続きを読む

33 港にぎわう直江津に

本日も「鉄道唱歌の話」に御乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 北陸地方 三三

 

港にぎはふ直江津

つきて見そむる海のかほ

山のみなれし目には又

沖の白帆ぞ珍しき

続きを読む

32 雪にしるしの竿たてて

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます

 

鐵道唱歌 北陸地方 三二

 

雪にしるしの竿たてゝ

道をしへしも此あたり

ふゞきの中にうめらるゝ

なやみはいかに冬の旅

続きを読む

31 豊野と牟礼と柏原

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 北陸地方 三一

 

豐野と牟禮と柏原

ゆけば田口は早越後

軒まで雪の降りつむと

きゝし高田はこゝなりや

続きを読む