序章

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車いただきありがとうございます

 

まずは鉄道唱歌についてご案内いたします。 

明治33年に「地理教育鐵道唱歌 第一集」が出版されました。いわゆる「鉄道唱歌 東海道篇」です。

その後、第二集(山陽・九州篇)、第三集(奥州・磐城編)、第四集(北陸篇)、第五集(関西・参宮・南海篇)と、続編が出版されていきました。

 

全5集で334番まであり、通して歌うと70分以上を要するそうです。

 

 作詞者は大和田建樹ですが、作曲者は複数おります。しかし多梅雅の曲が有名になり、今ではほとんど多梅雅の曲で歌われております。

 

それでは鉄道唱歌の旅、間もなく発車いたします。つぎは新橋に停まります。

 

        じょしょう
   きてきいっせい

 

画像について

☆フリー素材サイトなどから転載した画像については転載元へのリンクを設けています

☆上記のリンクがない写真は私が自分で撮影したものです

 

tetudousyouka.hatenablog.com

 

32 水は川瀬の石こして

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 奥州線‐磐城線 三二

 

水は川瀬の石こして

さきちる波の花泉

一の關より陸中と

きけば南部の舊領地

続きを読む

31 汽車に乗りても松島の

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 奥州線‐磐城線 三一

 

汽車に乗りても松島の

話かしまし鹿島臺

小牛田は神の宮近く

新田は沼のけしきよし

続きを読む

松島船遊び

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

松島船あそび 一 二 三 四

 

こげや╱╲いざ船子

鏡なせる海の上

波に浮ぶ八百の

島の影もおもしろや

 

見るがまゝに變りゆく

松のすがた岩のさま

前に立てる島ははや

あとに遠く霞みたり

 

雪のあした付きの夜半

あそぶ人はいかならん

みれど╱╲果もなき

二子島の夕げしき

 

五大堂を右にして

瑞嚴寺の森ちかき

磯に船は著きにけり

暫しといふ程もなく

続きを読む

30 多賀の碑ほどちかき

本日も「鉄道唱歌の話」にご乗車くださいましてありがとうございます。

 

鐵道唱歌 奥州線‐磐城線 三〇

 

多賀の碑ほどちかき

岩切おりて乘りかふる

汽車は鹽竈千賀の浦

いざ舟よせよ松島に

続きを読む

29 愛宕の山の木々青く

ご乗車の皆様、あけましておめでとうございます。本年も「鉄道唱歌の話」をよろしくお願いいたします。

ただいま仙台です。

 

鐵道唱歌 奥州線‐磐城線 二九

 

愛宕の山の木々靑く

廣瀬の川の水白し

櫻ヶ岡の公園は

花も若葉も月雪も

続きを読む